読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旧:YOUの自転車小屋

どうもYOU(ユウ)です!!このブログはロードバイクやママチャリのレストアを行うホームメカニックの方やサンデーレーサーの方向けの情報発信ブログになります。※YOUの自転車小屋2.0 http://youscyclecabin118.com/ へお引越ししました(2017年2月17日」。

ママチャリレストア 〜フロントホイール/ハブダイナモ整備・分解〜

YOUの自転車小屋2.0へ移転しました。

続いてはハブダイナ付きのフロントホイールをメンテしていきます。
f:id:youscyclecabin118:20160324225448j:image

ハブダイナモブリジストン製のテントウムシと言われる物です。
f:id:youscyclecabin118:20160324225528j:image

早速バラして行きます。
外し易そうな方から手を付けました。
ごく一般的なダブルナットで止まっているタイプです。
玉押し側のナットはハブスパナが無いと薄くて入りませんので、要注意です(正ネジ)。
f:id:youscyclecabin118:20160324225621j:image

外れました。
シールが付いてるタイプという事も有り、15年程前の物とは思えない位、程よくグリスが残っており優秀です。
f:id:youscyclecabin118:20160324225655j:image

ボールを取りました。
やっぱり比較的綺麗です。
f:id:youscyclecabin118:20160324225809j:image

端子が付いている反対側に移りましたが…。
f:id:youscyclecabin118:20160324225919j:image

構造的なナットを緩めるには反対側のナットが必要でしたので、先程外した物をもう一度付けることに。
f:id:youscyclecabin118:20160324225951j:image

これで外せます。
f:id:youscyclecabin118:20160324230041j:image

外れました。
この状態になり端子が浮いてくるのでハブスパナを玉押しに掛ける事が出来ます(正ネジ)。
f:id:youscyclecabin118:20160324230130j:image

ただし、途中で端子が引っ掛かる為全部は抜けません。
f:id:youscyclecabin118:20160324230534j:image

ここからはケースに切られているナットにモンキーを掛けて緩めて行きます(正ネジ)。
f:id:youscyclecabin118:20160324230241j:image

これでようやくコイルをハブボディから分離する事が出来ます。
f:id:youscyclecabin118:20160324230319j:image

コイルのシャフトにも綺麗なグリスが残ってます。
f:id:youscyclecabin118:20160324230400j:image

ハブボディ内部も綺麗です。
f:id:youscyclecabin118:20160324230443j:image

これで分解は完了。
次から綺麗にして組み上げていきます。
f:id:youscyclecabin118:20160324230608j:image