読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旧:YOUの自転車小屋

どうもYOU(ユウ)です!!このブログはロードバイクやママチャリのレストアを行うホームメカニックの方やサンデーレーサーの方向けの情報発信ブログになります。※YOUの自転車小屋2.0 http://youscyclecabin118.com/ へお引越ししました(2017年2月17日」。

ロードバイクレストア/錆びたフロントとリアディレイラーのメンテナンス

YOUの自転車小屋2.0へ移転しました。

錆が回っているディレイラーをメンテナンスしていきます。
主に作業は錆び取りとグリスアップになります。

これまた詳しい分解部分の写真が抜けてしまっていますが、許して下さい(−_−;)

メンテナンス対象はSHIMANO製SORAのフロントディレイラー

f:id:youscyclecabin118:20160517212347j:image


リアディレイラーになります。

f:id:youscyclecabin118:20160517212439j:image


まずはフロントから行きましょう。
鉄部分はメッキ仕様ですが、見事に錆が発生しています。

f:id:youscyclecabin118:20160517212513j:image


アルミ部分も塩を吹いてしまっています。

f:id:youscyclecabin118:20160517212549j:image


取り敢えずASSYのままでワイヤーブラシで落とせるところまで錆を落としました。

f:id:youscyclecabin118:20160517212755j:image


割と落ちるもので比較的綺麗になる予感です。

f:id:youscyclecabin118:20160517212821j:image


フロントディレイラーは分解出来る所は限られますが、見えるボルトは全て外します。

f:id:youscyclecabin118:20160517212854j:image


続いてリアです。

f:id:youscyclecabin118:20160517212943j:image


リアはフロント程悪くはなさそうですが、全体的に塩を吹いている状態でした。

f:id:youscyclecabin118:20160517213029j:image


主にプーリー周りを外して分解完了です。

f:id:youscyclecabin118:20160517213304j:image


錆びているボルト類はお馴染みの酸洗をして錆を落とします。

f:id:youscyclecabin118:20160517213125j:image


30分程度漬けることでこれだけ綺麗になりました。

f:id:youscyclecabin118:20160517213153j:image


錆がすぐ出るので一旦は油漬にして保管しておきます。

f:id:youscyclecabin118:20160517213226j:image


分解したパーツの洗浄と磨きが終わったら準備完了です。

f:id:youscyclecabin118:20160517213339j:image


フロントはクランプとボディを繋ぐボルト部分が動く構造になっていたので

f:id:youscyclecabin118:20160517213542j:image


緩む事を懸念してロックタイト222/中強度を塗って組み付けました。
可動部分にはグリスを塗ってます。

f:id:youscyclecabin118:20160517213612j:image


しっかり留めてこれで完成。

f:id:youscyclecabin118:20160517213637j:image


美しく復活しました。

f:id:youscyclecabin118:20160517213714j:image


錆が多く出ていた所も綺麗になっています。

f:id:youscyclecabin118:20160517213750j:image


リアはプーリーのグリスアップに気を遣って組み立てれば問題無しです。
プーリーがストレス無く回る事を確認しましょう。

f:id:youscyclecabin118:20160517213825j:image


汚れと塩が取れてすっかり綺麗になりました。

f:id:youscyclecabin118:20160517213913j:image


新品とは行きませんが、フロント/リア共に輝きを取り戻しました。

f:id:youscyclecabin118:20160517213945j:image