読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旧:YOUの自転車小屋

どうもYOU(ユウ)です!!このブログはロードバイクやママチャリのレストアを行うホームメカニックの方やサンデーレーサーの方向けの情報発信ブログになります。※YOUの自転車小屋2.0 http://youscyclecabin118.com/ へお引越ししました(2017年2月17日」。

LWC製カーボンチューブラーリムで決戦用ホイールを手組みする

YOUの自転車小屋2.0へ移転しました。

長い題名になりましたが、題名の通り決戦用ホイールを手組みします。

 

使うリムはLWC製カーボンチューブラーリムです。

リムハイト24mmでLWCのラインナップとしては最軽量モデルになります。

 

これを使えば前後セットで1000g切りのホイールが組む事が出来ます。

ですが、今回は全体重量よりも硬くて外周重量が軽いホイールを目指しているので最終重量は余り気にしていません。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

 

まずは全体写真。

これだけだとよく分かりませんのが

 

f:id:youscyclecabin118:20160628203226j:image

 

 

ホール数はリア28h,フロント24hにています。

リムハイトが低いのでスポーク本数をふやして剛性を稼ぐ考えです。

多少の重量増にはなりますが、外周重量が圧倒的に軽いので大した問題ではありません。

 

よく見るとドライブサイドの指定があります(という事は…)。

 

f:id:youscyclecabin118:20160628203246j:image

 

 

各部の作りを詳しく見ていきます。

 

全体的に作りはしっかりしていて綺麗です。

 

f:id:youscyclecabin118:20160628203305j:image

 

 

バルブホール付近もしっかり成形されています。

 

f:id:youscyclecabin118:20160628203439j:image

 

 

成型時の風船を抜く穴の跡がありますが、綺麗に蓋をされていて強度的には不安がなさそうな印象です。

 

f:id:youscyclecabin118:20160628203455j:image

 

 

ブレーキ面は編み方を変えて強度を確保しているのでしょうか?

段付き等も無く全体的に綺麗です。

 

f:id:youscyclecabin118:20160628203518j:image

 

 

軽量リムの場合ニップルホールの肉厚が薄くて強度的に心配になりますが、これは結構な厚みがあって不安無く組めそうです。

 

 f:id:youscyclecabin118:20160628203402j:image

 

 

ノギスで目見当にはなりますが、簡単に測ると3mm位の肉厚はあります。

実際、LWCに問い合わせたところリムの限界スポークテンションは3000N-mとの事なので本当なら首折れスポークではまずリムを食い破る事は無いということになります。

 

f:id:youscyclecabin118:20160628203905j:image

 

 

穴振りが無いと事前に聞いていましたが、よくよく見るとセンターから穴が少し寄っているように見えます。

 

f:id:youscyclecabin118:20160628203622j:image

 

 

逆面に行ってバルブホールを基準に見るとニップルホールが少し左に寄っているのが、分かるでしょうか?

 

そう、これはオフセットしてます。

なので最初の写真にあった

オフセットと言ってもせいぜい2mm程度ですのでどこまでスポークテンションの左右差に効くかはわかりません。

恐らく「してないよりはマシ!!」のレベルだと思います。

 

f:id:youscyclecabin118:20160628203329j:image

 

 

という事でリムの外見としては中々優秀な印象のLWCカーボンリム。

 

最後に気になる重量測定をして次回以降から組んでいきます。

メーカー公称は260±10gです。

 

 

 

 

 

 

こちらが結果!!

 

28hは252g!!

 

f:id:youscyclecabin118:20160628203829j:image

 

24hは258g!!

 

f:id:youscyclecabin118:20160628203843j:image

 

 

いずれもメーカー公称よりも軽い方向に振れてます。

 

組むのがお楽しみです😁

 

それではまた。