読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旧:YOUの自転車小屋

どうもYOU(ユウ)です!!このブログはロードバイクやママチャリのレストアを行うホームメカニックの方やサンデーレーサーの方向けの情報発信ブログになります。※YOUの自転車小屋2.0 http://youscyclecabin118.com/ へお引越ししました(2017年2月17日」。

クロモリロードバイクのレストア 〜Wレバーとクランクの美装〜

YOUの自転車小屋2.0へ移転しました。

続いてはダブルレバーとクランクを分解して美装まで仕上げて行きます。

 

まずダブルレバーを分解しますが、私としては初めて見る”バンド式”のWレバーになります。

一般的に多いのはフレームに台座が有り取り付けるタイプですが、これはバンドでダウンチューブに締め付けるタイプになります。

 

表裏ともよく汚れており、錆も一部出てきています。

 

f:id:youscyclecabin118:20160918123557j:image

f:id:youscyclecabin118:20160918123626j:image

 

 

分解自体は簡単でバンド部分にレバーを蝶ネジで留めているだけなので簡単に分解出来ます。

 

f:id:youscyclecabin118:20160918123650j:image

 

 

レバーの根元には樹脂ブッシュが両サイドに付いておりレバーがスムーズに動く様手助けしています。

 

f:id:youscyclecabin118:20160918123714j:image

 

 

後レバーですが、左レバーを例に見てみると。

 

<表側>

 

f:id:youscyclecabin118:20160918123812j:image

 

< 裏側>

 

f:id:youscyclecabin118:20160918123833j:image

 

どちらになっても使える様にワイヤーのタイコ受けが付いています。

左右共通化でコストダウンを狙ったのかもしれません。

 

 

クランクも分解していきます。

と言ってもチャーンリングボルトを外すだけなのでここでは分解前の観察をします。

 

そしてこれが正面の状態。

材質はアルミになり、アルマイト処理をされているかは判断できませんでしたが、至る所に傷と凹みとアルミ独特の白錆が確認出来ます。

 

チェーンリングボルトは錆びてしまっていて分かりづらいですが、ボルト頭には”SAKAE”が刻印された凝った作りになってます。

 

f:id:youscyclecabin118:20160918124900j:image

 

 

裏側をみるとクランク長さ165mm。

残念ながら私は場合170mmが正なので厳密には合いませんが、ここは変えられないのでこのまま使うこことします。

 

ギヤ歯数はアウター50/インナー40となっており、アフターは最近のコンパクトクランク並みなのでOKですが、インナー40はリアがローギヤ歯数25なので激坂ではちとキツイギヤ比になります。

 

ツーリングメインで使う予定の自転車なのでこれでも良いかもしれませんが、この辺は使いながら考える事にします。

 

f:id:youscyclecabin118:20160918124954j:image

f:id:youscyclecabin118:20160918125051j:image

 

 

ワイヤーブラシでも錆が落ちないボルト類はサンポールで錆落としをして使います。

 

後はひたすらアルミパーツを磨くのみ‼️

この作業を今回のレストアではどれだけしていることか…。

今回もここにかなり時間を使ってます。

 

f:id:youscyclecabin118:20160918124753j:image

 

 

そして完成したのが、こちら‼️

深い傷もあるので新品の様にとは行きませんが、それなりに輝きは戻っています。

 

f:id:youscyclecabin118:20160918123920j:image

f:id:youscyclecabin118:20160918124644j:image

 

今回はクランクが特に苦労しましたが、何とかここまで仕上げる事が出来ました。

と言っても磨きの大物がこれで終わったとは言えまだまだ磨くべきパーツが残っていますので、一旦終了といった所です。

 

まだまだパーツメンテは続きます。