旧:YOUの自転車小屋

どうもYOU(ユウ)です!!このブログはロードバイクやママチャリのレストアを行うホームメカニックの方やサンデーレーサーの方向けの情報発信ブログになります。※YOUの自転車小屋2.0 http://youscyclecabin118.com/ へお引越ししました(2017年2月17日」。

クロモリロードバイクレストア 〜フロントディレイラー組み立て〜

YOUの自転車小屋2.0へ移転しました。

コンポーネントの組み立てを進めていますが、今日はフロントディレイラーをやっていきます。

 

部品点数は少ないですが、これも前回のセンタープルブレーキ同様、最近のコンポーネントでは見られない構造なので参考になればと思います。

 

フロントディレイラーはアルミパーツが少なく、Shimanoマークの入ったクランプ部分位だったので磨きの作業は少なかったです。

一方でスチールパーツが多いので錆が進んでいる所も所々見られました。

 

大分前置きが長くなりましてが、それでは組み立てて行きます‼️

 

f:id:youscyclecabin118:20160930211500j:image

 

 

組み立てと言っても殆どがパンタグラフの作動部になります。

小さいアームが幾つかあり、パズルの様です。

この組み合わせを間違えると上手く動かないので分解する前にしっかり写真を撮って置くと便利です。

 

f:id:youscyclecabin118:20160930211731j:image

 

 

写真を基にするとこう言う組み合わせになります。

 

f:id:youscyclecabin118:20160930211845j:image

 

 

これだけだとパーツがまとまりませんが、クランプ部から出ている突起2箇所を収めると

 

f:id:youscyclecabin118:20160930212110j:image

 

 

漸く形になります。

可動部にはグリスを薄く塗っておきます。

 

f:id:youscyclecabin118:20160930211943j:image

 

 

ここまで来ると仕上げは近いです。

次は重要パーツのパンタグラフを戻すスプリングを収めます。

 

中にスリーブ代わりに樹脂パーツを入れる事を忘れない様にします。

実はここは一度忘れてます?

 

f:id:youscyclecabin118:20160930212026j:image

 

 

スプリングの両端突起の形状は違うのでよく見て判断する必要があります。

こんな時も写真が役に立ちます。

 

この場合写真のように左の真っ直ぐな突起を左にして最終的には奥のアームに引っ掛けるのが正解‼️

 

f:id:youscyclecabin118:20160930212248j:image

 

 

スプリングを収めたらボルトで固定します。

 

f:id:youscyclecabin118:20160930212445j:image

 

 

後はクランプから出ている突起部をネジで留めて

 

f:id:youscyclecabin118:20160930212520j:image

 

 

唯一のアルミパーツであるShimanoロゴ入りクランプを取り付けたら完成‼️

 

f:id:youscyclecabin118:20160930212546j:image

 

 

完成の図。

Backから

f:id:youscyclecabin118:20160930212616j:image

 

 

完成の図。

正面から

 

f:id:youscyclecabin118:20160930212659j:image

 

腐食が深い所はどうしようも有りませんが、其れなりには綺麗になったかと。

 

次回はリアディレイラーを組み立てます。