読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旧:YOUの自転車小屋

どうもYOU(ユウ)です!!このブログはロードバイクやママチャリのレストアを行うホームメカニックの方やサンデーレーサーの方向けの情報発信ブログになります。※YOUの自転車小屋2.0 http://youscyclecabin118.com/ へお引越ししました(2017年2月17日」。

LWC製カーボンチューブラーリムで決戦用ホイールを手組みする

YOUの自転車小屋2.0へ移転しました。

前回はリムの紹介をしました。

今回はその他の使うパーツから組み立てまでを紹介します。

 

まずはスポークとハブ類の紹介。

f:id:youscyclecabin118:20160704183012j:image

 

準備したのは

ハブ:Tniエボリューションライトハブ フロント24h、リア28h

スポーク:DT コンペティション、サピムCX-RAY(リアハンフリー側用)

ニップル:DTアルミブルーアルマイト仕様

 

 

そして早速組みました。

フロントはラジアル組なので組み方は以前ご紹介した通りです。

 

f:id:youscyclecabin118:20160704183147j:image

 

 

まだスポークを張ってないのでたわんでます。

スポークは外から内に通して全面投影面積を減らしています。

 

f:id:youscyclecabin118:20160704183206j:image

 

 

リアはフリー側4本組、反フリー側6本組にしています。

反フリー側だけにはサピムCX-RAYを使っています。

 

f:id:youscyclecabin118:20160704183248j:image

 

 

かなりスポークがたわんで花びらのようになって一種の芸術作品のように見えます。

 

上から見るとこんな感じでダルンダルンです。

 

f:id:youscyclecabin118:20160704183318j:image

 

 

ここからニップルを回してスポークを張っていきます。

が..........。

 

いつまで経ってもスポークが張る気配がありません......。

 

f:id:youscyclecabin118:20160704183459j:image

 

 

おかしいと思い長さを再計算してみた所。

リアのスポークが全て4mm程長い事に気付きました…。

 

f:id:youscyclecabin118:20160704183435j:image

 

 

という事で気を取り直して

スポークカット!!

 

f:id:youscyclecabin118:20160704191432j:image

 

 

ワイヤーカッターで案外切れます。

PWTの安物でしたが、歯の欠けも無く問題無く使えました。

 

先端部分はバリになっているのでヤスリで整えます。

 

f:id:youscyclecabin118:20160704191501j:image

 

 

このままだとネジ部が足りないので、HOZANのスポークねじ切り器で必要な長さのねじを切ります。

 

f:id:youscyclecabin118:20160704191515j:image

 

 

これで必要な長さのスポークが出来ました。

これを全てのスポークで繰り返します。

 

f:id:youscyclecabin118:20160704191534j:image

 

 

今度はちゃんと組めました。

反コンペヨンロクを組み。

 

f:id:youscyclecabin118:20160704191646j:image

f:id:youscyclecabin118:20160704191706j:image

 

 

このホイールは硬く作りたいので反フリー側を結線します。

結線はまた次回ご紹介したいと思います。